わびさびパンダ

言語学習・映画など興味のあることを綴ります。

書評『なるほどデザイン』言葉と絵のバイリンガルになろう。

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

恥ずかしい話、この本を読むまでデザインというのは直感だけの世界と勘違いしておりました。

 ご覧の通り、私はデザインの知識は皆無です。ある意味ではデザイン本の最適なレビュワーになれると自負します。

 

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

 

 

 

 こんな人におすすめ!

デザイン関係者だけではなく、店舗管理者、ブロガー、プレゼンテーション資料作成、事務などのビジネスはもちろん、趣味でも役に立つヒントが満載です。

デザインを普段意識しないビジネスパーソンにとっては、特に「グラフとチャート」と「言葉と文章」は即座に応用できる内容でしょう。その他の内容も知っているだけで町で「気付く」ことが増え、一味違うビジネスパーソンになれるでしょう。

 

技術を身に着けて、想像力を持って物事に取り組めば、もっと世の中が楽しくなる

何しろ自分自身がもっと楽しくなるだろうなと気づかせてくれる。

そんな衝撃を受ける良書です。

 

デザインを様々な角度から分析

 

さすがデザインの本、読まなくても見るだけで言いたいことが伝わってきます。

デザイン知識のない私が読むと、一見「すごいなー」と圧倒されるくらい、デザインが様々な角度から分析されています。

 

例えば、

伝えたいことにスポットライトを当てる際、様々な方法があります。

主役が脇役に埋もれてしまわないようにどうしたらよいのかというデザインは、プレゼン資料作成などにも応用できます。

  • のライト
  • 地のライト
  • サイズのライト
  • 余 白 のライト
  • 揃 えないライト

 

もちろんこれらはデザインのほんの一部です。内容が濃いです。常に見返してデザインを考えてみるということがこの本の知識を吸収する上で大事になってくるでしょう。

いっぺんに覚えて応用するというよりは、

 

「1つでよいから身に着けよう!」

 

私と同じようにデザインのデの字も知らない方は、

まずは、そういう思いで見て学ぶことをおすすめします。

 

  

こういう人にはおすすめしない

  • すぐにマネできるデザインの情報を求めている人。
  • 学んで応用する時間のない人。

 習得に時間がかかりそうな本です。

 

 まとめ

  • チラシ・WEBサイト運営・プレゼンテーションなど資料・記事を作成する人に幅広くお勧めできる
  • どうしたら伝わりやすいか、様々な角度からデザインを分析する際に役立つ
  • 習得には時間がかかる

 

感想

写真や文章・文字の飾り方すべてに意味があると学べる、非常に内容の濃い本でした。

 

長期的な視点で成長することが重要だと理解しました。

言語学習と同じでデザインにおいても、学んだ技術や知識を常に頭の片隅に置いて、考えて技術・知識を応用する。それを何度も何度も繰り返し練習して、徐々に習得していくことが大切ですね。。

言い換えると、長期的な視点で繰り返すだけで、

 

「私でもデザイン性の良いモノが創り出せる!」

 

本気でそう思えるようになりました。

一回読んだら学んだことを1つ使ってみる。

そこから始めようと思います。

いやー、価値観広がりました。

 

お互い地道に頑張りましょう。